メガバズーカランチャーとZガンダム劇中での百式

百式

(ひゃくしき、HYAKUSHIKI、TYPE-100)

アニメ『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』などに登場。

エゥーゴの試作モビルスーツ

(型式番号:MSN-00100またはMSN-100)






メガ・バズーカ・ランチャー

百式の特徴的な武装として
メガ・バズーカ・ランチャーがある。

これは機体とほぼ同じ直径のメガ粒子砲であり、
それ自体にもスラスターが設置されている。

やがて、
更に開発が進みハイパー・メガ・ランチャーや
メガライダーではより実戦的なものとなった。








『機動戦士Ζガンダム』第9話から、
クワトロ・バジーナ大尉の新しい乗機として登場。

機体の高い能力と、
もともとエース級の腕を持つクワトロの操縦センスもあって
アーガマの主力として活躍。

最終決戦では、
メールシュトローム作戦の際に
パプテマス・シロッコの新型機ジ・Oや
ハマーン・カーンの駆るニュータイプ専用機キュベレイと交戦する。

二人がかりで攻め込まれ、
結果大破するものの、
クワトロ大尉同様高いニュータイプ能力を持つ2人が乗り込む
新型MSを相手にコロニーレーザーを守り抜き、
更に百式の基本性能の高さを示すこととなった。

(クワトロ=)シャア・アズナブル専用機中
唯一のガンダムタイプMSでもある。
posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 15:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。