ハンブラビ@試作機の武装など

ハンブラビ

(HAMBRABI)

『機動戦士Ζガンダム』に登場。

ティターンズの試作可変モビルスーツ。

(型式番号:RX-139)

製品化されたものにmia、hgucなどのガンプラ(プラモデル)
シリーズがある。

なお、ハンムラビ法典との関連性は定かではない。







主な武装


海ヘビ

携帯用の武装。

ヨーヨーのような構造になっており、
敵モビルスーツの腕部や脚部に巻きつけた後、
高圧電流を流す。


クモの巣

追跡してくる敵モビルスーツに対し
3機が三角形の編隊を組み、
それぞれの機体からワイヤーを射出、
網を張り捕獲、高圧電流を流す。

この攻撃を成功させるには高い技量が必要となる。





劇中での活躍

アーガマがドゴスギアを攻撃した際に
ヤザンの実力と対MS戦に特化した武装で
Ζガンダムのフライングアーマーとバーニアを破壊し
危機に追いやる。

グリプスでの戦いでは
ラムサス、ダンケルが
エマ・シーンのスーパーガンダムに撃墜される。

なお、初登場時は
サラ・ザビアロフとその護衛隊が搭乗している。




備考

メカニックデザインは永野護。

準備稿での名称はクラックス。

元はメタスとしてデザインされていたが、
あまりにも奇抜であったため敵側のメカに変更された。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 15:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。