バーザム@遅すぎたモビルスーツ

バーザム

(BARZAM)

『機動戦士Ζガンダム』、
雑誌企画『ガンダム・センチネル』に登場。

ティターンズの量産型モビルスーツ。

(型式番号:RMS-154)

1/100シリーズなどが製品化。




機体解説

グリプス戦役におけるエゥーゴとの戦闘激化に伴い、
ティターンズの絶対的なモビルスーツ (MS) の配備数は
不足することとなった。

また、可変モビルスーツなど
機動力・破壊力の高い試作機群を次々と戦線に投入してはいたが、
これらは高度な操縦技術を要し、
機体によっては強化人間しか扱えないなどで、
一般兵が乗りこなすことができる主力量産機は
マラサイまでに留まっていた。

そこで次期主力MSとして
生産性の高い機体の開発が求められた。

そこでティターンズ技術陣は
旧ジオン公国軍のスタッフを排除し、
純粋な地球連邦軍の技術のみで開発し、
ガンダムMk-IIの簡易量産型として開発する案を提出した。

この案は採用されたものの、
旧ジオン系スタッフの手により
ニューギニア基地で完成した(4番目の開発コード)。

完成した機体は
高性能なガンダムMk-IIの設計思想を引き継いでいるため
機体性能は高く、
汎用量産機としては高性能な機体であった。

しかし、生産性を優先したため、
過度な機体構造の簡略化の結果、
そのフォルムは既存のMSのそれとは
大きく異なっている。

胸部装甲は2重構造となっており、
パイロットの安全性を考慮した設計となっている。

上腕部にはマウントラッチが設置されている。

カカト部の独特なヒール構造は
ガンダムTR-1[アドバンスド・ヘイズル]での
運用試験を経て採用されたものである。

武装は前腕部に2基のビームサーベルが設置されており、
使用時には前腕部アーマーがスライドし、
サーベルが射出される。

また、頭部にはバルカンポッドを側頭部と後頭部のラッチを介して
装着可能である。

これは外観こそガンダムMk-IIのものとは異なるが、
基本構造は同一のものである。

配備はニューギニア、
要塞ゼダンの門、小惑星ペズンなどに行われた。

しかしながら、本機の投入は
グリプス戦役末期だったため時既に遅く、
大きな戦果を得られないまま終戦を迎えた。

また、機体構造が既存のものと異なっていることもあり、
本機からの直接的な後継機の存在は確認されていない。




劇中での活躍

『機動戦士Ζガンダム』では、
ゼダンの門での戦闘時やグリプス2での最終決戦時に
本機を確認する事が出来たが、
目立った活躍はせずに物語は終わってしまった。

かつてのゲルググと同様
高性能ながら戦争終盤での投入により
真価を発揮できなかった不遇な機体とも言える。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。