ティターンズのハンブラビ@機体解説

ハンブラビ

(HAMBRABI)

『機動戦士Ζガンダム』に登場。

ティターンズの試作可変モビルスーツ。

(型式番号:RX-139)

製品化されたものにmia、hgucなどのガンプラ(プラモデル)
シリーズがある。

なお、ハンムラビ法典との関連性は定かではない。






機体解説

ゼダンの門(旧ア・バオア・クー)工廠で
9番目に開発された可変MS。

そのため、
形式番号がRX-139となっている。

アポロ作戦後にティターンズが制式採用した。

試作機ゆえ少数しか製造されていない。

スラスターの推力は決して大きくないが
搭載ロケットモーターは燃焼効率が非常に高い。

また、簡易な変形システムは
現場の整備員に高く評価されていたとされる。

武装はビームサーベル、
後述の海ヘビ、クモの巣、テールランス、
腕部クローなど対MS戦に効果的な武装が多く装備されている。

モビルアーマー形態でも
腕部の自由度が高かったことから、
MA形態でも高い近接戦闘能力を発揮した。

ヤザン・ゲーブル
その部下であるダンケル・クーパー、ラムサス・ハサが主に搭乗し、
彼らの技量、機体のポテンシャル、
3機による連携攻撃によって
ニュータイプ能力最高と言われるカミーユ・ビダンや
エゥーゴのエースパイロットであるクワトロ・バジーナ
(シャア・アズナブル)をも翻弄した。

また、ハンブラビには
簡易サイコミュであるバイオセンサーが搭載されているため、
ヤザンは得体の知れない力のようなものを
感じとっていたのかもしれない。
posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 16:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。