ジム・スナイパーカスタム

ジム・スナイパーカスタム

(GM SNIPER CUSTOM)

地球連邦軍の開発したモビルスーツ

(型式番号:RGM-79SC(もしくはRGM-79))

『機動戦士Ζガンダム』にも登場。

ジム重装型スナイパーカスタムと呼称されることもある。






機体解説

一年戦争末期において、
RGM-79ジムの性能に不満を抱いた一部の熟練パイロットの要請に応じて、
前期量産型ジムにRX-78と比肩する程の改修を施した機種である。

背部ランドセルを大推力のものに改め、
腰部に増加冷却ユニット、脚部に補助推進装置の増設したことで、
重戦・高機動戦用とした。

コスト面から改修された機体は50機に満たなかった。

高機動戦部隊では
中距離射程のR-4型ビームライフルが使われ
「スナイパー」と呼称された他、
「インターセプター」または「ガード」と呼ばれたタイプが
主力艦隊の護衛を務めた。

最も重武装だったフランシス・バックマイヤー中尉機は
R-4ビームライフルの他、
頭部に格闘戦用の開閉式バイザーを増設し、
前腕部にボックスタイプビームサーベルユニットと
折りたたみ式ハンドビームガン、
脚部側面に2連装ビームガン、
後腰部にはハイパーバズーカを装備しており、
約半数がこの仕様に倣った。

また、テネス・A・ユング少佐は
このSC型とGS型を愛機とし、
MS149機、艦船3隻を撃沈した。

このスコアは、かのアムロ・レイ少尉(当時)を凌ぎ、
一年戦争当時の地球連邦軍パイロットのトップスコアとして記録されている。





『機動戦士Ζガンダム』第12話「ジャブローの風」において、
連邦軍基地ジャブローを襲撃するエゥーゴのモビルスーツ部隊に対して
応戦している姿が描かれている。

このときは、R-4型とは異なるデザインの
ビームライフル
(ガレージキットなどの形状から
ネモなどのビームライフルを改造したものと思われる)
を装備していた。






商品展開

バンダイより1983年12月に、
1/144スケールのインジェクションプラモデルキットとして発売された。

商品名は「MSV No.22 RGM-79ジム・スナイパーカスタム」であり、
上記「機体解説」はこの商品に付属する解説書による。

後に『Ζ』のテレビシリーズにラインナップされる。

キットカラーはグリーンで、
こちらは絶版(2006年3月に劇場公開記念と箱に印字されてΖ-MSVシリーズが再販されている)。


posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 15:47 | Comment(0) | TrackBack(2) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

散財報告29
Excerpt: 昨日{/kaeru_fine/}は娘の小学校の参観日に行ってきました。 結局、遊びに行かないまま三連休は終了。 今日{/kaeru_fine/}からまた一週間が始まりましたが、 三連休とか迂闊に取得..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2006-10-31 21:01

シャークボーイ&マグマガール…レンタルで飛び出さないのを鑑賞
Excerpt: 10月になっちゃいました。時間の経過というのは早いですねぇ{/roket/} 昨日(9/30)は予定外の休日出勤{/niwatori/}&恒例の週末買出し{/cars_red/}&夜になってからの飲酒..
Weblog: ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画
Tracked: 2006-10-31 21:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。