ジム・キャノン@連邦の旧式モビルスーツ

ジム・キャノン

(GM CANNON)

『機動戦士ガンダム』に端を発した
モビルスーツバリエーション(MSV)シリーズおよび
TVアニメ『機動戦士Ζガンダム』などに登場。

地球連邦軍の中距離支援用量産型モビルスーツ

(型式番号:RGC-80)




機体解説

一年戦争時、
ガンキャノンの量産型という位置づけで
開発された。

ジムとの部品共有度は60%で、
切り欠きの入った右肩部に
ガンキャノンと同じ口径の高初速型ロケット砲が
1門取り付けられ、
脚部に左右分割方式の増加装甲を取り付けることで、
地上戦での安定性を保っている。

ジャブロー工廠にて48機が生産され、
全機が実戦参加しているという。

その内訳はティアンムおよび
レビル宇宙艦隊へは14機、
北米戦線(濃淡グレー)へは6機、
アフリカ戦線(サンドカラー)には19機配備、
残りの9機はジャブロー防衛用に残されたと
記録されている。

それ以外にも
オーストラリア戦線で3機が確認されているが、
これらの機体はジャブロー方面のものが
一部まわされたとする説もある。

一年戦争中の特筆すべき戦果としては、
北米方面に配備された機体がある。

反抗作戦開始後から約一ヵ月後に投入された本機は
ノーマルタイプのジムとの混成部隊を成し、
キャルホルニアベースを見事奪還した。

この北米方面配備機は
ウィンター迷彩を施した姿が有名だが、
これはキャルホルニアベース奪還後から終戦まで
使用されたパターンである。

一方、宇宙軍では
ソーラ・レイシステムによるレビル艦隊の壊滅で
多数の機体が失われた事もあり、
地上ほどの特筆すべき目立った活躍は見込めなかったが、
宇宙軍第二連合艦隊所属の「不死身の第四小隊」に配備された機体などは
有名である。

生産数の割に
カラーバリエーションが豊富なのも本機の特徴。

各地で様々なパターンが確認されている。

戦後にはコクピット部分を
リニア・シート方式へと換装するなどの近代化改修を受け、
ジャブロー防衛の任に就いている姿が確認されている。

その中の機体は
何らかの経緯を経て連邦軍に編入された
元ジオン軍のキラービー隊に配備されたもので、
MS-06Dとの混成部隊を編成していたという。

TV版『機動戦士Ζガンダム』第12話「ジャブローの風」において、
連邦軍基地ジャブローを襲撃する
エゥーゴのモビルスーツ部隊に対して応戦している姿が描かれている。


バンダイより
1983年5月に1/144スケールのプラモデルが、
MSVシリーズNo.5として発売された。

その後『機動戦士Ζガンダム』の登場に合わせて
パッケージなどが変更されて発売された。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 16:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23846287
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。