サイコガンダム@その実戦など

サイコガンダム

(PSYCO-GUNDAM)

『機動戦士Ζガンダム』に登場。

ティターンズ
ニュータイプ専用可変モビルアーマー

(型式番号:MRX-009)

製品化されているもの、プラモデル(ガンプラ)には
hguc、mia、ms セレクション、ms セレクション dx
などのシリーズがあり、
1/300 1/220などの縮尺のものがある。




劇中での活躍

人工的なニュータイプである強化人間で、
ムラサメ研究所出身の
フォウ・ムラサメの乗機として登場。

1号機は
戦力を失ったスードリ隊に
ムラサメ研からの増援として配備される。

ホンコンにおけるカラバ襲撃作戦に参加、
その際に暴走し、
ホンコンの街に大きな被害を与えている。
その後アウドムラに特攻をかけようとしていたスードリに体当たりを敢行し、
その後のスードリの爆散と共に失われた。

2号機はキリマンジャロ基地防衛隊に配備され、
基地攻略に赴いたカラバの部隊を相手に
圧倒的な性能を見せるが、
Zガンダムをバイアランの攻撃より庇ったために
パイロットであるフォウが死亡し活動を停止、
その後キリマンジャロ基地の自爆と共に失われたようである。

劇場版では1号機のみが登場、
スードリ特攻の際に
フォウが死亡したため2号機が登場することはなかった。

なお、佐藤茂『ターンエーガンダム』(角川書店[角川スニーカー文庫])には
この機体に類似した「ブラックドール」が登場する。

この「∀ガンダム」が登場するゲーム
『スーパーロボット大戦α外伝』では、
グエンが本当にサイコガンダムに乗って出撃している姿を
見ることが出来るが、
ニュータイプではないはずのグエンが
サイコガンダムを扱える理由は謎である

(『α外伝』では、
サイコミュをオミットした
攻撃力重視の大型モビルスーツとして建造されたレプリカ、
ということになっていた)。



備考

先述の通り
ゼータガンダムのデザイン原案として提出されたものをリファインしたもので、
デザイン原案を担当したのは当時バンダイに所属していた村上克司。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 20:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。