THE-O@シロッコ専用機

ジ・O

ジ・オTHE-O

『機動戦士Ζガンダム』に登場。

ティターンズの試作型重MS(モビルスーツ)。

型式番号:PMX-003。

プラモデル(ガンプラ)などには
hguc、mgのシリーズなどがあり、
1/100のスケールなどがある。








携行火器に関しては
ビーム・ソード4基の他に
大型ビーム・ライフル1丁と、
グリプス戦役末期のモビルスーツとしては、
非常に簡素な仕様となっている。

本機を設計したシロッコは、
天才的なエンジニアであると同時に、
パイロットとしても稀有な才覚を有していた。

彼は過去の機体開発、及び戦闘経験から、
戦闘用モビルスーツにとって本来的に必要な要素は、
複雑な可変機構や過剰な火力ではなく、
搭乗者の技量を確実に反映できる優秀なインターフェース、
並びにそれに応えられる堅牢な機体であると判断し、
本機の設計に際して
純粋に機動力、白兵戦闘能力を追求したアプローチを行っている。

その様な意味から、
本機はかつて
モビルスーツの汎用機動兵器としてのポテンシャルを初めて体現したザクの
後継機と言う事が出来る。

また、シンプルな武装であっても
シロッコの操縦技術を持ってすれば、
当時の最新鋭機を圧倒する戦闘能力を
発揮する事が可能であったという。

通常のマニピュレーター同様に
武装の携行、及びビーム・ソードのドライブが可能であり、
主に近接戦闘時の奇襲攻撃において、
非常に有効に機能したという。

グリプス戦役終盤において
木星船団キャプテン、パプテマス・シロッコの乗機として出撃、
地球圏の覇権を賭け、
エゥーゴのエース・Zガンダム及び百式、
またアクシズのフラッグシップであるキュベレイとの激戦を繰り広げる。

特にキュベレイとの交戦時には、
同機のサイコミュ兵装ファンネルを
ライフルによって撃墜し、
オールレンジ攻撃を完全に封じている。

小説版ではアニメ版と搭載武装の一部が異なり、
全身に無数のメガ粒子砲を装備している

(動く巨大砲、動く要塞と称される)





バリエーション

PMX-003 THE-O II ”HAUER”

近藤和久による漫画「機動戦士ガンダム ジオンの再興」に登場する要塞攻略用重MS。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23647918
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。