Gディフェンサーの詳細

Gディフェンサー

(ジーディフェンサー、G-DIFENCER)

『機動戦士Ζガンダム』に登場

エゥーゴの宇宙用可変戦闘機で、
ガンダムMk-IIのサポートメカニズムである。

(型式番号:FXA-05D)





機体解説

グリプス戦役当初、
RX-178ガンダムMk-IIはRX-78-2ガンダム譲りの基本性能の高さや
新技術ムーバブルフレームの採用、
またパイロットのカミーユ・ビダンの類まれな操縦能力等により、
最新機と互角以上に渡り合ったが、
戦役中盤以降は
次々と繰り出されるティターンズの新型モビルスーツに対し
脆さが見え始めていた。

特にその装甲は、
この時代ほとんどのモビルスーツが採用していたガンダリウム合金ではなく
チタン合金セラミック複合材という旧式のものであった。

そのためエゥーゴは、
まだまだ主力であったガンダムMk-IIの
装甲強化プランを進めることとなった。

プランのひとつとして
追加装甲「FXA-03」を装着した
FA-178フルアーマーガンダムMk-II」と呼ばれる形態が計画された。

しかし機動性の低下を指摘され、
追加装甲案は計画段階で不採用となった。

そこで持ち上がったのが、
単体でも戦闘機として運用可能という利点を持つ
Gディフェンサー計画である。

また、エゥーゴの量産機ネモにも
運用可能なように設計されている。

武装は右側面にロングライフルを装備、
これはケーブルを介してガンダムMK-IIと接続することによって
出力の強化が可能である。

これらの武装は各形態で使用可能である。

また、ミサイルユニット部には
片側2門計4門の大型バルカン砲を装備する。

更にコックピットブロックには
離脱時の防御用としてレーザー砲を2門装備する。

本機はパイロンが規格化されており、
オプション化した武装の強化が可能となっている。

最大装備時には
中距離航行用追加ブースター、
ミサイルラック、
小型ジェネレーターを搭載することにより
ロングライフルを2門装備することができる。
posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 14:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。