エウーゴの新型量産機@ネモの機体をまとめると・・・

ネモ

(NEMO)


『機動戦士Ζガンダム』に登場。

エゥーゴの量産型モビルスーツ

(型式番号:MSA-003)




機体解説

エゥーゴ独自に開発したモビルスーツ
リック・ディアスは
新技術を数多く導入した高性能モビルスーツであったが、
高コストかつ、
量産には不向きであった。

そして、
連邦軍から強奪し量産機としてし使用していたモビルスーツGMUも
もはや時代遅れの旧型機種となっていた。

エゥーゴはこのジムIIに代わる
次期主力量産モビルスーツの開発を
アナハイム・エレクトロニクス社に依頼した。

当初はジムUをベースに
プロジェクトは始動したが、
結果的にはリック・ディアスや百式に連なる
公国系の技術で纏め上げられ、
その登録番号もリックディアス、
百式に続く3番目にあたるMAS-003となる。

しかし連邦系の技術も多数導入されており、
メインバーニア及び脚部増速用ブースター、
ビームサーベルのマウントポジションは
一年戦争末期の連邦軍エースパイロットに対し配備された
ジム・スナイパーUの基本設計を世襲している。

装甲から基本フレームは
ジムUから大幅に刷新されており、
特に装甲に関しては
ジム系モビルスーツとしては異例の
ガンダリウム系装甲が採用されている。

(当初はガンダリウムγ系が採用されるはずだったが、
開発途中に情報がティターンズに漏洩したため
その技術はザクをベースとしたマラサイに投入され
同ティターンズに試作機4機が供与され、
ネモは急遽ガンダリウムαに変更された。
また、これ以降に開発されたジムV、
およびジェガンはガンダリウム系の装甲は見送られ、
チタン合金系装甲にスペックダウンされている。)

基本装備はシールド(連邦系量産機では初となるスライド式シールド)以外は
ビームライフルはジムU規格の物を、
ビームサーベルに関してはリックディアス・百式と同型の物が流用され、
メンテナンス面、コストパフォーマンス面の改善が計られた。

このことはネモの開発において
攻撃性よりもティターンズや連邦軍に対し
圧倒的に兵力=パイロットの数の劣るエゥーゴは
パイロットの生存率の向上を目指した結果、
装甲、防御面を重視した事が伺える。
posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 15:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。