機動戦士Zガンダム@シャア専用機百式

百式

(ひゃくしき、HYAKUSHIKI、TYPE-100)

アニメ『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』などに登場。

エゥーゴの試作モビルスーツ

(型式番号:MSN-00100またはMSN-100)




開発経緯

エゥーゴとアナハイム・エレクトロニクス社による
共同開発計画「プロジェクト・ゼータ」(Ζ計画)で開発された
アナハイム製ガンダムの一機。

また本来、
型式番号は099の次なので100が予定されており、
名称もそれに併せ、
開発主任であるM.ナガノ博士により
「百年後でも通用するモビルスーツ」という願いを込めて
百式と名付けらた。

しかし結局、
型式番号は博士にとっての最初のプロジェクトであるために
MSN-001とするべきという意見もあり、
博士の主張によりMSN-00100と付けられた。

しかし、5桁の型式番号は扱いにくく、
元々の予定や機体名の影響で
MSN-100と呼ばれる事が多かった

(本機は何度か設計変更が行われているため、
型式番号については諸説ありはっきりとしない)

また、
機体名称に伴い
両肩に漢字の「百」がマーキングされた。

当初は可変モビルスーツとして設計されており、
両形態で作動するAMBACシステムが組み込まれていた。

しかし高いGが掛かった状態で変形すると
胴体フレームに歪みが生じてしまうトラブルが発生してしまった。

そのため、
フレーム剛性を強化するなど
試行錯誤するが解決に至らず、
可変モビルスーツとしての開発を断念した。

しかし、機体自体のポテンシャルが高かったため
非可変モビルスーツとして再設計された。

そのため以前の名残として
各所にムーバブルフレームが露出し、
バックパックにはフレキシブル・バインダーが装備されている。

これはリック・ディアスのバインダーを洗練したものであり、
それ自体が可動肢として機能することで高い機動性を実現した。

これは後に開発されたMSK-006A1Ζプラスにおいて
ウイング・バインダーとして再び採用され、
本来の役目を果たすこととなる。  




posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22748359
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。