Zガンダムのバリエーション

Ζガンダム

(ゼータガンダム、Ζ-GUNDAM)

『機動戦士Ζガンダム』『機動戦士ガンダムΖΖ』などに登場。

エゥーゴの攻撃型試作可変モビルスーツ

(型式番号: MSZ-006)







バリエーション



プロトΖガンダム

「Ζ計画」で開発されたプロトタイプ。

この試作機にガンダムMk-IIから得られたムーバブル・フレームの技術と
民間人の少年カミーユ・ビダンのアイデアを組み合わせることで
Ζガンダムは誕生した。



量産型Ζガンダム

Ζガンダムの量産機として製造された機体。




ΖII

Ζガンダムの発展機。

変形機構は持つものの
大気圏突入能力は省略されており、
その機構自体もΖガンダムのものというよりは
むしろメタスのものに近くなっている。

性能的には十分実用レベルに達していたが、
エゥーゴ上層部の意向でΖΖガンダムの建造が優先されたため、
設計のみに終わった。



Ζプラス

エゥーゴの協力組織である
カラバが独自開発した機体。



A/FMSZ-007II ZETA

連邦の規格に合うように再設計された機体。

『機動戦士ガンダム ジオンの再興』に登場する機体。



Z GUNDAM 1/2

非公式。

長谷川裕一 の漫画
『機動戦士Ζガンダム1/2 U.C.0088 アナザーストーリー』に登場する機体。

アナハイム製の可変MSの試作機をカラバが譲り受け、
外装をΖガンダムに似せた機体。




RGZ-91 リ・ガズィ

UC0093における「シャアの反乱」時、
ロンド・ベルの旗艦ラー・カイラムに配属された直後から
アムロ・レイが愛機としていた機体。

ムーバブルフレームは、
アムロ曰く「簡単にコピーできてとんでもなく強度がある」
ゼータガンダムのそれをコピーしたもの。

フライングアーマーは装備されておらず、
バック・ウェポン・システム(BWS)を装着する。
posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 09:41 | Comment(0) | TrackBack(1) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/22654961
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

原作者:富野由悠季の参加作品(機動戦士Ζガンダム)
Excerpt: 原作・総監督・脚本・ストーリーボード・OP、EDの絵コンテ・挿入歌の作詞。 井荻麟名義で『Z・刻を越えて』(前期オープニング)、『星空のBelieve』(エンディング)、『銀色ドレス』(挿入歌)作..
Weblog: ガンダム シード デスティニー(gundam seed destiny)なブログ
Tracked: 2006-09-03 14:04
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。