ティターンズ@ハイザック・キャノン

ハイザック・キャノン

(HI-ZACK CANNON)

雑誌企画『ADVANCE OF Ζ ティターンズの旗のもとに』に登場

ティターンズ
試作型中距離支援用モビルスーツ

(型式番号:RMS-106C)



機体解説

地球連邦軍、ティターンズに
制式採用されることとなったハイザックは
ジェネレーター出力の低さから
複数のビーム兵器を併用できないという問題を
抱えていた。

そこで
通常のバックパックを
火力増強を目的として開発された
キャノン・パックに換装することとなった。

この機体をハイザック・キャノンと呼ぶ。

このキャノン・パックは
先にジム・スナイパーIIIに装着されて
テストされていたもので、
ジム・キャノンと同型の
240mmキャノン砲を装備する

(ただしジム・キャノンに装備されたキャノン砲の口径は
360mmとされている)

このキャノン砲は
マガジン式となっており、
予備マガジンを
バックパックのラッチに装着することができる。

マガジンには
垂直懸架式と
水平装着式の2つのタイプが存在し、
弾頭も数種類が用意され、
作戦に応じて
使い分けることが可能となっている。

また、
240mmキャノン砲を
ガトリング・スマッシャーに
換装することも可能である。

これらのオプションは
汎用規格のため
ガルバルディβやマラサイにも
装着が可能である。

腰部ラッチには
ハイザックでオプションとして用意されていた
3連装ミサイルポッドを2基接続するが、
本機では火力増強のため標準装備となっている。

携行火器としては
ジム・コマンドと同型のマシンガンを装備した機体が
確認されている。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 15:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。