Zガンダム@連邦の主力機「ハイザック」(1)

ハイザック

(HI-ZACK)

地球連邦軍ティターンズ
量産型モビルスーツである


(型式番号:RMS-106)





機体解説

ハイザックは一年戦争終結後、
ジオニック社を吸収合併したアナハイム・エレクトロニクス社が
モビルスーツ (MS) メーカーとして
開発に漕ぎ着けた初の主力MSである。

設計思想の異なる連邦系と
ジオン系MSの差異は基本構造から駆動系、
電装系まで及び、
単純に二つの技術を折半するだけでは
不十分で綿密な摺り合わせを必要とした。

結果として完成した機体は、
完全な新型機というよりは
新素材による装甲と新型ジェネレーターを
名機ザクIIへと組み込んだ改良型と言うべきものであった。

しかし、
本機のジェネレーターは
当初のところ開発を担当したアナハイム・グラナダ工廠の手で
本体と同時に設計されていたのだが、
兼ねてからの連邦軍と地球系企業との癒着関係から、
タキム社のものを採用せざるを得なくなった。

それでも大幅な軽量化に成功したため、
プロペラント積載量が増加し、
バーニア・スラスター技術の向上などにより
高い機動性を実現することができた。

その上、生産コストが低かったため、
先行量産型の評価を経て
地球連邦軍の次期主力機として
制式採用されることとなった。

そのため
ザクIIに類似した外観となっているが、
センサー機能は向上している。

脚部スラスターユニットは
先行量産型のものに偏向板を追加し、
標準装備となっている。

また、
全天周囲モニター・リニアシートを
量産機としては初めて導入した機体としても
有名である。
posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。