アクシズのハマーンカーン(2)

ハマーン・カーン
(Haman Karn)

アクシズ(ネオ・ジオン)の
実質的指導者。

(声:榊原良子)






グリプス戦役

宇宙世紀0087年10月12日、
地球圏に舞い戻り、
第三勢力アクシズとしてグリプス戦役に介入。

エゥーゴより同盟を持ちかけられるが
シャアとの確執が表面化し交渉は決裂。

一方、ティターンズと同盟を締結する。

宇宙世紀0088年1月、
エゥーゴからサイド3を譲渡するという条件で
グリプス2(コロニーレーザー)の破壊を要請されると、
グワダンの主砲でグリプス2の一部を破壊して
グリプス2を奪取する。

その後、
ティターンズの要塞ゼダンの門で
ジャミトフ・ハイマンとの会見の隙に暗殺を狙うが失敗する
(最終的にジャミトフはグワダン内での会見でパプテマス・シロッコに殺された)。






パイロットとしてのハマーン

ハマーンは強力なニュータイプ
パイロットとしても非常に優秀である。

グリプス戦役では、
モビルスーツに初めて搭載されたサイコミュ兵器のファンネルを駆使し、
同じく強力なニュータイプであるカミーユ・ビダンのΖガンダムや、
パプテマス・シロッコジ・Oと互角の戦いを繰り広げる。

また、シャアの百式に対しては、
モビルスーツの性能の差が大きいこともあり
一方的な強さを見せる。

第一次ネオ・ジオン抗争では、
タイガーバウムと最終決戦以外ではモビルスーツには乗らなかった。

またアニメ『機動戦士ガンダム』に登場するアムロ・レイとララァ・スンのように、
戦闘中のカミーユと精神邂逅を起こすが、
そこでシャアの幻影(記憶)を見、
解り合える直前で拒否して戦うこととなる。





シャアとの関係

劇中、特に『機動戦士Ζガンダム』では、
元恋人でもあるシャアとの確執が多く見られる。

これはシャアがハマーンの摂政就任後に、
地球圏の偵察を名目に自分の元から離れたことに対して、
怒りと憎しみ、悲しみをもったからに他ならない。

しかし、ハマーンは幾度となく
シャアに自らの元に戻るよう発言しており、
自分を理解し受け入れてほしいと本心では願う。

後のシャアが、
ハマーンと同じ道をたどったのは皮肉であるとしか言いようがない



主な搭乗機

MS-09R4 シュネー・ヴァイス
AMX-003 ガザC
AMX-004 キュベレイ
MSM-04 アッガイ
posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 18:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@キャラクター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21827126
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。