エウーゴのアムロレイ専用機@ディジェ

ディジ

(DIJEH)


カラバの試作型陸戦用モビルスーツ。

(型式番号:MSK-008)





機体解説

リック・ディアスをベースに開発された、
いわば「陸戦型リック・ディアス」とも言える機体。

背部バインダーは
陸戦用に換装された放熱フィンであると言われている。

アムロ・レイ専用機としては、
唯一の所謂ガンダム顔以外のモビルスーツである。

武装はリック・ディアスに準じているが、
ゲルググの様にビームナギナタも装備している。

またビームライフルは百式用を流用している。

なお、本機は
一年戦争後の幽閉生活から解放されたアムロ・レイが
エゥーゴの置き土産となったリック・ディアスに搭乗する事になった際、
ニュータイプ・アムロ・レイ復活を象徴する機体として
ハヤト・コバヤシの意見の元に
ガンダムタイプとして外観の変更をアナハイムに依頼されていたとの説もある。

だがその案は
反ティターンズの同志でもあるジオン残党に
不穏な行動と受け取られてしまう可能性を危惧され、
カイ・シデンの機転により
ガンダムタイプとは正反対であるジオンMSタイプの外観への依頼内容変更を
余儀無くされたという。

第35話で
ティターンズのキリマンジャロ基地付近に降下した
カミーユ・ビダンのΖガンダムとクワトロの百式を
出迎えるように登場。

第36話では
吹雪のキリマンジャロ基地構内で戦闘、
サイコガンダムと対峙するΖガンダムを援護するものの、
サイコガンダムに搭乗したフォウ・ムラサメの最期を
見届けてしまう。

第38話では
宇宙に戻るカミーユとクワトロを防衛するために奮闘、
ガルダ級メロゥドとジェリド・メサのバイアランを撃墜した。

劇場版Zガンダムには一切登場しなかったが、
ことぶきつかさによる劇場版基軸漫画
機動戦士Ζガンダム デイアフタートゥモロー ―カイ・シデンのレポートより―』にて
その存在は確認されている。





備考

メカニックデザインは藤田一己。

元々は
アクシズが開発したハマーン・カーン搭乗機として
デザインされたが、
劇中では演出ミスによりアムロ用リックディアス改造機として登場した。

デザイナーの藤田一己もこの事実を認めており、
アムロ機になるとは全く知らなかったという。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 19:02 | Comment(2) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
トラックバック感謝です。最近ブラジル向けにガンダムを紹介してまして、今Zを紹介しています。閃光のハサウェイあたりまで紹介しようと思っていますが、何かアドバイスをいただければと。
Posted by maximilianus at 2006年08月10日 07:22
トラックバックありがとうございます。
Posted by flower at 2006年09月02日 17:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21720278
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。