ザクUのバリエーション@最終生産型ザクII

最終生産型ザクII


オリジナルビデオアニメーション
機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』に登場する、
ジオン公国軍の量産型モビルスーツである。


ザクII改(ザクツーかい)、
ザク改(ザクかい)、
最終型とも呼ばれるほか、
型式番号からFZ型とも呼ばれる。

(型式番号:MS-06FZ )




機体解説

統合整備計画の適用により生産された機体で、
実戦データを元にして武装を含めて
全面的に改修してあり
カタログスペック上はゲルググ並み、
実際の性能はドム並みともジム・コマンド並みともといわれる。

生産数が少なく、
実戦投入されることもあまりなかった。

これらの改良によりこの最終生産型ザクは、
連邦のRGM-79に対し「後れを取ることは無くなった」とされている。

統合整備計画の実施期間には諸説あるため、
FZ型の開発時期もはっきりしていない。

一般的には一年戦争末期の生産とされているが、
試作機は一年戦争中期の時点で完成していたようである。

一年戦争初期にはすでに存在していたとする説もあるが、
極初期の試作型であるか、
F型の中期生産型を誤認したものであろう。

「0080」劇中では、
バーニィとアルがコロニー内に不時着したFZ型を、
ジム系MSの残骸から調達したジャンクパーツを用いて修理していたが、
戦争末期の新人パイロットで、
しかもジャンクパーツで修理できたことからも、
統合整備計画の合理性の高さが伺える。





武装


90mmザク・マシンガン

大きく前期型と後期型に分かれる。

口径が下がっており、
速射性と命中率がアップしている。

ただし、
前期型には120mmのものもあったようである。
(型式番号:MMP-80)




劇中での活躍

バーナード・ワイズマンが本機に搭乗。

最終話では
クリスチーナ・マッケンジーの搭乗するガンダムNT-1と戦い、
相撃ちになった。



備考

メカニックデザインは出渕裕。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 19:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。