Zガンダム@反連邦エウーゴ(1)

エゥーゴ

A.E.U.G.:Anti-Earth Union Government=反地球連邦政府



宇宙世紀 (U.C.) 0080年、
一年戦争は地球連邦軍の勝利で幕を閉じたが、
連邦軍に反目するジオン軍残党勢力が
数多く残っていた。

やがて、
ジオン軍残党の掃討を目的とした
特殊部隊「ティターンズ」が結成され、
連邦軍内で大きな力を持つようになった。

当初から地球出身者のみを選抜し、
選民意識と団結力の強いプロ集団として結成された
ティターンズは、
コロニー市民に対する差別意識が強かった。


こうした中、
地球圏に帰還していた
シャア・アズナブル(クワトロ・バジーナ)以下
の旧ジオン公国軍メンバー(アポリー、ロベルト、ブラウン等)は、
反ティターンズ的姿勢により
事実上の軟禁状態にあった
地球連邦軍准将ブレックス・フォーラの「救出」を
モビルスーツを用いて強行、
続いてアナハイム・エレクトロニクス社
メラニー・ヒュー・カーバイン会長と接触して、
反地球連邦組織の結成に本格的に動き出す。

ティターンズに反感を抱く者は
連邦軍将兵も多かったため、
これら連邦軍の一部も、
このエゥーゴに参加していった。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 19:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダムとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/21385350
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。