Zガンダム@エウーゴの主力機「リックディアス」(1)

リック・ディアス (RICK-DIAS)


エゥーゴの量産型モビルスーツである。
(型式番号:RMS-099 (RMS-009) もしくはMSA-099 (MSA-009) )



エゥーゴの量産型モビルスーツで、
エゥーゴとアナハイム・エレクトロニクス社により共同で開発された
アナハイム・ガンダムのひとつであり、
代表的な第2世代モビルスーツ。

後にΖ計画と呼ばれることとなる
高性能モビルスーツ共同開発計画の走りとなった機体である。

装甲材質および内部フレームに
ガンダリウムγを採用したため
後のエゥーゴの指導者ブレックス・フォーラ准将の提案により
γガンダム
(ガンマガンダム, γ GUNDAM (GAMMA GUNDAM) )
と呼ばれる予定であった。

しかし、
アクシズからガンダリウムγをもたらした
クワトロ・バジーナ大尉の希望により
宇宙用の機体を意味する「リック」、
エゥーゴの活動が折り返し地点に到達したことから
喜望峰の発見者バーソロミュー・ディアスの
「ディアス」を合わせてリック・ディアスと名付けられた。
(この経緯については小説版『機動戦士Ζガンダム』で確認できる。)

また、
本来の型式番号は「MSA-099」であるが、
地球連邦軍の目からエゥーゴの動きを欺くため
「RMS-099」とされた。


メインカメラはモノアイを更に機能化したもので、
この方式はシステムを小型化することが可能な上、
可動部が少ないためメインテナンス性に優れている。

腹部に大型のジェネレーターを設置したため
通常腹部にあるコクピットは頭部に移動され、
パイロットは左側頭部にあるハッチから搭乗する。

これはガンダム試作2号機の
フレキシブル・バインダーの延長上に位置するものと考えられており、
ガンダリウムγによる軽量化と
ムーバブルフレームの採用に合わせ、
これによるAMBAC機能により
鈍重な見かけに反して軽快な運動性を示した。

携行武装としては
主にクレイ・バズーカビーム・ピストルを装備、
これらは背部のウエポンラックに搭載可能で、
ビーム・ピストルは
ウエポンラックに装備した状態でも対後方・対空兵器として使用可能である。

劇中(TV・映画版共)では、
撃墜した機体から接収したと思われる、
ガルバルディβ用ビームライフルも度々装備している。


posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 14:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。