連邦のエリート「ティターンズ」〜その旗の下には悲しい末路しかなかった

ティターンズ
地球連邦軍内部の特殊部隊で、
ジオン軍残党の掃討を名目上の目的としている。

エゥーゴとは対立関係にある。

宇宙世紀0083年に勃発したデラーズ・フリートの反乱(デラーズ紛争)は、
地球連邦政府にジオン残党に対する脅威を植えつけた。

そこで、
ジャミトフ・ハイマンの提唱により、
地球連邦軍の中にジオン残党狩りを目的とした精鋭特殊部隊
ティターンズ」が設立された。

地球出身者のみで構成されている事から
この組織名が付けられたようだ。

最高司令官はジャミトフであるが、
軍事的な指揮は総司令官のバスク・オムが執る。

ティターンズの構成員のほとんどは
地球出身者(アースノイド)であるが、
ごく稀にスペースコロニー出身の者もいた。

全員が正規の連邦軍人より
1階級上の待遇を受けられる等の特典を有する。

そのためか、
エリート意識が強く
横柄な人間も目立つ。

ティターンズの組織として行った行為は、
残虐なものがあるが、
その構成員のほとんどは
30バンチ事件などを知らず、
エリート部隊であるとだけ認識していたものがほとんどであることは、
挙げておくべきだろう。


主要戦略拠点

グリプス サイド7宙域のグリーン・ノアは、
かつてV作戦におけるガンダム等のモビルスーツを
極秘裏に開発していたコロニーで、
アムロ・レイやフラウ・ボゥ、
ハヤト・コバヤシといったホワイトベース隊のメンバーの出身地でもある。

シャア・アズナブル少佐(当時)麾下の偵察部隊と
V作戦用の一連の兵器を受領に来たホワイトベース入港が重なり、
交戦状態に陥ったため1バンチコロニーは中破したが、
戦後に修復されて
グリーン・ノア1(グリーン・オアシス)の名称で通常の居住区画として、
主に軍関係者や軍属が居住した。

そして
復興時にサイド3より
密閉型コロニー2機を移動させ、
そのコロニーを繋ぎ合わせるという荒技を用いて
2バンチコロニー=グリーン・ノア2を造り上げた。

こちらには主に
造兵工廠および軍事拠点が存在する。

なお
戦後の復興事業は
一年戦争当時ですら1バンチが建造途中だった事もあってか
大きく遅れていた様で、
エゥーゴの潜入作戦が行われた当時でも
2バンチまでしか建造されていなかった。

グリプス戦役中盤、
ティターンズはグリーン・ノア2を分離し、
コロニーレーザー(グリプス2)として改装。

ジオン軍の宇宙要塞ア・バオア・クーを改装。

キリマンジャロ
ジャブローに替わる地球上の戦略拠点。


ティターンズは、
地球連邦軍内部で勢力を徐々に拡大し、
一時はその全権を掌握するまでに至った。

しかし、グリプス戦役の中盤、
エゥーゴのクワトロ・バジーナが、
ティターンズの横暴を告発する演説をダカールで行って以後は、
アースノイドの支持をも失っていく。

組織の主要人物が全員死亡し、
ティターンズは崩壊する。

それどころか戦後は
地球連邦の正規軍であった事すら認められていないらしく、
第二次ネオ・ジオン抗争期には
シャアやアムロ、ブライトから反地球連邦運動呼ばわりされていた。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 15:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダムとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。