Zガンダムの支援機「ネモ」をまとめると・・・

ネモ(NEMO)

エゥーゴの量産型モビルスーツ
(型式番号:MSA-003)


リック・ディアスは高性能だが、
コストがかかりすぎる。

そう判断したエウーゴは、
次期主力量産型モビルスーツの製作を
アナハイム・エレクトロニクス社に依頼した。



しかし
開発の進んでいたザク系MSのマラサイは
ティターンズに譲渡。

ジム系のデザインである
ネモをエウーゴに提供することになる。





その意匠から
旧型の改修機であるジムIIの発展形と思われる事が多いが、
実際はリック・ディアス=百式に連なる公国系の技術で纏め上げられおり、
装甲から基本フレームまで新しくなっている。


基本フレームには、
ガンダムMk-IIの奪取で得た技術である
ムーバブルフレームを取り入れてる。





「機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル」では、
主人公アスナが複座型のネモに乗り込み、
ティターンズから奪取したガンダムMk-IIと
模擬戦闘をおこなっている。



その軽量化された概観とは異なり、
意外にも高性能な機体。






バリエーション


MSK-004 (MSA-004) ネモII
ネモの発展型。


MSK-004K(MSA-004K) ネモIII
ネモII砲撃戦仕様。


posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 17:15 | Comment(0) | TrackBack(1) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20780826
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック

dvd:機動戦士ZガンダムIII -星の鼓動は愛-
Excerpt: 私は三部作を通して、すごく楽しめました。”ただの懐かし映画”ではないという点がまさにその通りで、本当に良かったです。
Weblog: 映画・音楽大好き
Tracked: 2006-07-20 23:17
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。