ティターンズの無能な最高司令官〜バスク・オム

バスク・オム(Bask Om)

地球連邦軍の特殊部隊「ティターンズ」の総司令官。

階級は大佐。(声優:郷里大輔)



徹底したアースノイド至上主義者。




一年戦争時にジオン軍の捕虜となり、
その際受けた拷問で視覚障害を負ったことが、
スペースノイドへの憎悪を抱かせる原因になったと考えられている。





宇宙世紀0083年のデラーズ紛争では、
第1地球軌道艦隊司令代理として、
ソーラ・システムIIでのアイランド・イーズ破壊の指揮を執り、
アナベル・ガトーを倒す為、
憂さ晴らしとも言える攻撃で味方艦隊をも巻き込む。



戦後、
ジャミトフ・ハイマンによって特殊部隊「ティターンズ」が設立されると、
ジャミトフの腹心として連邦内の勢力拡大に動く。

しかし、
ジャミトフに個人的忠誠を注いでいた訳ではなく、
スペースノイド弾圧の方便が与えられるから
ジャミトフの下にいる感が強かった。





宇宙世紀0085年7月、バスク・オム
サイド1の30バンチコロニーにおいて
反地球連邦のデモが起こると、
コロニー内に毒ガスを注入し1500万人もの住民を虐殺する。
30バンチ事件

宇宙世紀0087年3月、
グリプス戦役が勃発。

ジャマイカン・ダニンガンや
ガディ・キンゼー等多くの士官を従え、
エゥーゴと交戦する。


また、
ジャミトフがパプテマス・シロッコを登用したことは
自身への牽制であることを自覚しており、
対抗意識を燃やす。




宇宙世紀0088年2月、
シロッコの配下であるレコア・ロンドの
パラス・アテネ(劇場版ではヤザン・ゲーブル率いるハンブラビ隊)の攻撃を受け、
乗艦ドゴス・ギアと共に爆死。




なお、バスク・オムの階級は大佐だが
ティターンズは全員一階級上の扱いを受けるため、
彼は准将の態度を取っていた。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@キャラクター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。