カミーユ・ビダンを煩わせた父・フランクリン・ビダン

フランクリン・ビダン (Franklin Bidan)

地球連邦軍の技術士官で、
階級は大尉。

テレビ版では第2話 - 第4話に登場。
(声:テレビ版石森達幸、劇場版沢木郁也)





主人公カミーユ・ビダンの父であり、
同じく地球連邦軍技術士官のヒルダ・ビダンとは夫婦である。




ヒルダ同様仕事の虫であり、
家庭を顧みることもなかった上に
愛人もいる。





家族との絆もうすれ、
カミーユも家族をまったく顧みない父に
憎悪に近い感情を抱いていた。




連邦内において、
ガンダムMk-IIの開発に大きく係わっており、
ある程度モビルスーツの操縦もできる。




カミーユとエマ・シーンが
ティターンズからガンダムMk-IIを奪い、
エゥーゴへと亡命したときに一緒にアーガマへ向かう。

が、
エゥーゴのモビルスーツ・リック・ディアスを見たフランクリンは、
ティターンズにない技術に並々ならぬ興味を示し
連邦に持ち帰ろうと考え、
その機体を盗み(当時のクワトロ・バジーナ機)アーガマからの逃亡を企てる。

しかし、ティターンズとの戦闘に巻き込まれ、
カミーユの目の前で絶命する。

死ぬ間際に浮かんだ顔は家族ではなく愛人と、
最後まで自己中心的な人間であった。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@キャラクター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。