機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@脇役に終始したジムU

ジムII(ジムツー)は、
機動戦士Ζ(ゼータ)ガンダム』に登場する。

量産型モビルスーツで、
当初の型式番号はRGM-79Rであった。

その名の通り、
一年戦争で地球連邦軍の主力量産モビルスーツだった
RGM-79ジムの発展型で、
主武装をBR-S-85系ビームライフルとし、
コクピットには
全方位展開スクリーンを採用するなど
近代化改修が計られているが、
基本性能はかつてのジムよりそれほど向上していない。

そのため、
次期主力量産機の座を
RMS-106ハイザックに奪われることになる。

エゥーゴ
設立時に地球連邦軍より接収し
(もともとエゥーゴの兵員自体が連邦宇宙軍を離反した者を中心としていた事もある)、
しばらく主力として使用していた。

エゥーゴでの機体色は緑/白。
ティターンズ(地球連邦軍)で使用された機体色は赤/白である。

後進にジムVが開発され、
こちらは大幅な改良が成されているため、
ジムUは・・・、
いわゆるファーストガンダムでの
『ボール』のようなポジションだったのかもしれない。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20153452
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。