機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@ティターンズに仇したモビルスーツガンダムMk-II

ガンダムMk-IIガンダムマークツーGUNDAM Mk-II
(型式番号:RX-178


ティターンズが開発した汎用試作型モビルスーツです。
が、エゥーゴに奪取されて以降は、
ミーユ・ビダン等の乗機となり、エゥーゴの主力として活躍しました。




ティターンズが次期主力モビルスーツ候補として、
かつての名機ガンダム (RX-78-2) をベースに、
当時のティターンズ主力モビルスーツだった
ジム・クゥエル等に使用されていた最新技術を投入して開発した機体です。
地球連邦軍の製作でもあることから、その名の通り、正統なガンダムの後継機です。

ただし、装甲にガンダリウム系マテリアルが使用されていないことから
厳密な意味での第2世代モビルスーツではなく、
第1世代から第2世代への過渡期にある機体と位置づけする場合もあります。
(1.5世代機と言われる場合もあります)

また、ガンダム試作1号機で試験採用された
伸縮可能なシールドを腕部のマウントラッチを介して装着することができます。

全部で3機が開発されましたが、
グリーンノア1内での運用試験中に
3号機がカミーユ・ビダンにより奪取され、エゥーゴの手に渡ります。

エゥーゴに渡った後、1機は月のアナハイム・エレクトロニクス社にて機体構造の研究が行われ、
1機は保守部品確保用として解体、
残る1機(3号機)はアーガマ艦内にてティターンズカラー(濃紺)から白に再塗装され、
実戦投入されました。

一年戦争におけるガンダムを連想させる白い機体となったガンダムMk-IIは、
皮肉にも開発したティターンズに対する戦闘によって高い戦果を挙げることになります。

ガンダムの正当な後継機ガンダムMk-IIを手に入れたということは、
エゥーゴにとって勝利の象徴としても大きな意味を持ちました。

ガンダムMk-IIはGディフェンサーと一緒に運用されることで、
グリプス戦役終盤までエゥーゴの主力機として活躍しました。

後に開発された百式やΖガンダムには、
ガンダムMk-IIの技術が多くの部分で投入されています。

また、Ζガンダムの飛行形態であるウェイブライダーの試作実験用として
エゥーゴはオプション兵装であるフライングアーマーを開発。
これを試用したガンダムMk-IIは無事大気圏再突入を果たし、
Ζガンダム開発への貴重なデータを持ち帰ります。

ガンダムMk-IIは、
第一次ネオ・ジオン抗争時にもアーガマやネェル・アーガマに配備されます。

ネオ・ジオンの最新機に比べ旧型化してしまってはいたものの、
ガンダムMk-II用の新支援機メガライダーも導入され、
量産機が相手であれば互角以上の戦いを見せます。


『機動戦士Ζガンダム』前半は主にカミーユ・ビダンが、
カミーユがΖガンダムに乗り換えてからはエマ・シーンが搭乗。

『機動戦士ガンダムΖΖ』ではエル・ビアンノが主に搭乗することになります。
ZZガンダムにおいて、Ζガンダム共々放棄されることになります。

漫画『機動戦士ガンダム エコール・デュ・シエル 天空の学校』では、
月面都市アンマンのアナハイム・エレクトロニクス工場にて、
エゥーゴがティターンズより奪取した3機のガンダムMk-IIのうちの1機を用い、
極秘に性能テストを行う様子が描かれています。

posted by 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム非公認ファン♪ at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 機動戦士Z(ゼータ)ガンダム@モビルスーツとは
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20105630
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。